ねこまじん王国

ページ移動  [前へ|1|2|3|4|5|6|7| ... |33|34|35|36|37|次へ]  Page 6 of 37
RSS 1.0 RSS 2.0 ATOM 1.0

朝日新聞の会員サービス『aspara アスパラクラブ』の招待企画で、アメリカンフットボウルの社会人選手権『JAPAN X BOWL』に行ってきました。
15 年ほど前までは社会人だけはなく、学生のリーグ戦も観に行き、関東地区のボウルゲームはほぼ全試合生観戦していたのですが…。
ここ最近は、テレビで甲子園ボウルとライスボウルを観ているだけでした。(汗;)

というわけで、ホントの久しぶりの生観戦です。
対戦カードは、鹿島ディアーズ 対 富士通フロンティアーズ ということで、ねこまじんも知っている古豪かつ強豪同士の対戦です。

会場の東京ドームに着いたのは、キックオフの 15 分前でした。
驚いたのは、想像以上の人出です。
1塁側の富士通フロンティアーズの入場ゲートは多くの人が並んでいます。

しかし、阪神タイガースファンのねこまじんとしては、東京ドームの1塁側で応援するわけにはいきません。(笑)
はい、単にそれだけの理由で、本日は3塁側の鹿島ディアーズの応援です!

入場チケットを交換ブースで受け取り、やはり多くの人が並んでいる3塁側ゲートから入りました。
入ってさらに驚いたのが、1階席がほぼ満員です。
まったくの想像していませんでした。
結局、3階席も一部開放したようです。
それでも、ぽっかりと空いていた1階席に座ることができました。

鹿島ディアーズのキックオフで試合開始です。

まずは、富士通フロンティアーズの先制です。
この後は、両チームともディフェンスチームの活躍で決め手を欠き、ハーフタイムを迎えます。

ハーフタイムショーは X LEAGUE チアリーダー 13 チーム 総勢 150 名のダンスショーでした。

そして、今シーズンもっとも輝いていたチアリーダーチームには

パナソニック電工インパルスのチアリーダーチームが選ばれました!

後半は、攻めあぐねながらも何とかフィールドゴールで加点を重ねつつオフェンスチームがペースを取り戻し、それが富士通フロンティアーズの焦りを呼んだのか、鹿島ディアーズのペースで試合が進みます。

最後に富士通フロンティアーズが1タッチダウン差まで詰め寄りましたが、鹿島ディアーズが 21 対 14 で逆転勝ちし、2009 年度の社会人を制しました。

これで、来年 1 月 3 日のライスボウルは、関西大学カイザース 対 鹿島ディアーズ となりました。
今回の X BOWL 同様に、京大 OB のヘッドコーチ対決となり、さらに、鹿島 OB でもある関西大学カイザース 板井ヘッドコーチは、鹿島ディアーズにとって脅威だと思われます。

ライスボウルが楽しみです。

2009-12-21 23:29:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

やまがた いも煮カレー』に続いての御当地カレーは、『大阪・泉州 水茄子カレー』です。

パッケージはそれなりの雰囲気が出ています。
しかし、レトルトの中身は…。
ど、ど、どこ、水茄子は?
という感じです。(笑)
4切れほどは確認できました。

やまがた いも煮カレーが、『おぉ!芋煮だぁ~!』というように具を主張していましたので、ちょっとガッカリという感じです。
味は、若干の酸味と辛さが丁度いい具合に混ざり合って、悪くはありません。
どちらかというと好みの味です。

でも、次に注文することはないでしょう。(笑)

ちなみに、『秘密のケンミン館』価格は、2食セットで税込 1,050 円になります。
価格差…、う~ん、それでもなぁ…。

2009-12-20 23:37:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

最終更新日時 : 2010-03-04 04:13:48
読売テレビ系で放送されている『秘密のケンミンShow』(関東地区では日本テレビで木曜日 21:00から放送)という番組があります。
各都道府県(の一部地区)に存在する、その地区限定の食べ物や風習を取り上げているのですが、面白さ、驚き、そういったものが満載の番組です。

ちょっと古くなりますが、2009 年 11 月 26 日 で取り上げられたのが、島根県浜田市の御当地カレー『カレイ入カレー』です。
カレーの中に“鰈”が丸ごと1匹入っているというものです。

それに関連して、いろんな御当地カレーが紹介されました。

それぞれは、レトルトパックが販売されており、『秘密のケンミン館』で購入することができます。

さっそく、ねこまじんは『鰈カレー』を含む5種類のカレーを注文しました。
(注文が殺到しているらしく『鰈カレー』は今月下旬になるそうです)

今回はその中で、『やまがた いも煮カレー』を食べてみました。

具だくさんのゴロゴロカレーといったところです。
具材的にカレーとの相性が悪くないことは想像できます。
食べてみると、これが、想像以上に相性がバツグンで、里芋いいじゃん!
こんにゃくの食感がこれまたアクセントになっていて、かなりの出来です。

2食セット 1,260円と高めではありますが、カレーチェーン店のカレーに十分対抗できる美味しさですので、お勧めの1品です。

2010/03/04 追記
庄内観光物産館 では 1 食単位で購入できます。

2009-12-14 12:59:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

[ mixi との同時投稿です ]

レッドスターこと赤星憲広選手が 12/09 に引退会見を行いました。

最初、『さらば、レッドスター』というタイトルにしようと思ったのですが、さらばじゃない!
きっと、これからも野球に関わっていってくれることと信じています。

星野監督の1年目のことです。
甲子園で負けたある試合。
試合終了後、ベンチの中で立とうとすることなく、悔しそうな顔をしてグラウンドをずっと見つめていたシーンがテレビカメラに映し出されていました。
そのシーンは今でも鮮明に覚えています。
そして、それを観たねこまじんは、阪神タイガースの優勝を確信したものです。
阪神タイガース公式ファンクラブの会員証の背番号も『53』へその年のオフの更新時から切り替えました。

翌年、見事な優勝の一打を放ったのは赤星選手でした!

今シーズンは十分な活躍ができなかった赤星選手ですが、阪神タイガースを支えていた選手の一人であることは間違いなかったと思います。
それだけに来シーズンは大きな戦力ダウンです。

そうは言っても、選手生命どころか命に関わる状態だったとのこと。
『ありがとう!』としか今は言えません。
いつまでも決して忘れることのない阪神タイガースの選手です。

ありがとう!レッドスター。
阪神タイガース背番号53、赤星憲広選手。
2009-12-11 03:46:05 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

前回から1ヶ月半弱での当選です。

今回はいつものように、リーチにはなるのだけど…というパターンの中での当選です。
当選ポイントは相変わらずの 50 ポイントでした。

このペースで揃ってくれれば、他サイトでは、500 ポイントとか 1000 ポイントに相当しますので、50 ポイントでも悪くはありません。

2009-12-06 23:34:41 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

箱根に行った帰りに本厚木でロマンスカーを下車し、前から気になっていた『厚木シロコロ』を食べてみることにしました。

事前に わくわく厚木市商店会連合会の厚木シロコロホルモンが食べられるお店 を参考に、本厚木駅付近でクーポンの付いていた『とび蔵 本厚木本店』に行ったのですが、予約で一杯とのことで入れませんでした。

仕方なく、その近所にあった『鬼の家』へ向かいました。
屋号にビビって(笑)ちょっと不安でしたが、アットホームな感じのお店でした。
お店の中に鬼の面が飾っているので『鬼の家』だそうです。


これが噂の厚木シロコロです。
見た目は普通のホルモンなのですが、豚の大腸とのことです。


その他、豚タン塩とカルビを注文しました。

お店に入ってメニューを見たときには、どれも 800 円くらいの値段が付いていて、高い!失敗したかなと思ったのですが、一皿の量がいつも行っている焼肉屋の4、5倍はあり、驚きです。
また、味も申し分なく、組み合わせ的にもベストチョイスでした。

シロコロは焼くとコロっと丸くなります。

ねこまじんは元々ホルモン圏である福岡の出身ですから、このシロコロも歯ごたえや食感が好みです。
本厚木なので気軽には来ることができませんが、また食べてみたくなる一品であることに間違いありません。

2009-11-20 22:34:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

21.温泉

毎年 11 月 20 日は仕事を休み、ちょっと遠出をして、日頃あまり行くことのできない温泉でのんびりしています。

今年は、箱根の『楽遊壽林自然館』にしました。
楽遊壽林自然館 は、日帰り温泉施設で、箱根の自然を守るということから 1 日 100 名限定となっています。
平日のお昼頃に到着すれば大丈夫でしょう。

ねこまじんの家から箱根まで行くとなると、当然のことながら小田急のロマンスカーを利用します。
今回は箱根湯本までのちょうどいい時間のロマンスカーは満席ということで、小田原までの利用にしました。
急に決めたため、予約せず当日ホームの券売機で発車時間ぎりぎりに座席を購入しました。(汗;)

まずは、朝ごはんということで、軽めにロマンスカー弁当を購入です。


ロマンスカー鶏高菜弁当 ¥680 です。
福岡出身のねこまじんとしては、鶏と高菜と聞くとつい手が出てしまいます。(笑)
ごぼうと鶏と高菜、内容的には悪くないのですが、味としては可もなく不可もなくといったところです。


ロマンスカーおむすび弁当 ¥580 です。
これも、可もなく不可もなくといったところです。

どちらも、可もなく不可もではありますが、多分次回から買うことはないでしょう。(汗;)

小田原からは、路線バスで 宮の下 の『ホテル前』へ向かいます。
約 30 分ということでしたが、小田原~箱根湯本間が渋滞していて、結局 50 分くらいかかりました。(汗;)
素直に、箱根登山鉄道にすればよかったか…。(笑)

ホテル前のバス停のすぐそばに楽遊壽林自然館の入口があります。


入口ではありましたが、玄関ではありませんでした。
まず、玄関までは箱根の自然を身体全体で感じながら階段を下りていきます。


1 ~ 2 分ほどで玄関に到着です。

靴をロッカー(100 円ですが開くと戻ってきます)に預け、ロッカーキーと交換で館内用のリストバンドと浴衣、バスタオルを受け取ります。
荷物はコインロッカーに預けるのですが、脱衣所のコインロッカーは小さいので、大きめや多めの荷物は、無料休憩室への階段を上ったところにある大きめのロッカーに入れ、脱衣所へは貴重品を持っていかないようにした方がいいでしょう。
大きいロッカーも小さいロッカーも同じ 100 円(荷物用のロッカーの 100 円は戻ってきません)です。

内風呂です。
ねこまじんは、速攻で外へ向かいます。


ここの特徴は、三段の檜露天風呂です。
まずは、上段のお風呂です。
湯ったりと定員 5 名といったところでしょうか。


中段のお風呂です。
湯ったりと定員 3 名といったところです。
上段から中段への階段入口は滑り易いので気をつけましょう。
ねこまじんは、2 度入って 2 度とも滑りました。(汗;)


下段のお風呂です。
湯ったりと定員 1 名です。

安全のためには仕方のないことですが、お風呂に浸かって景色を見るには手すり(柵)が邪魔なのが、ちょっとだけ残念です。
あと、嫁さんの話では、階段から滑り落ちた女性もいたそうですので、足許には気をつけましょう。(笑)

平日の利用で、サービスでついてくるゆでたまごです。
見た目通りのいい味でした。


御膳の小鉢です。
湯葉、ゆずみその大根はどちらも絶賛に値する美味しさでした。


トロロ、鴨、山菜、もりの 4 種の味が楽しめる石臼挽きそば ¥1680 です。
これに上の御膳の小鉢がつきます。
鴨肉ってこんなに美味しかったのかと感じた味でした。
近所のそば屋の鴨セイロがしばらく食べられなくなりそうです。(笑)


これも 4 種の味が楽しめる金時力餅膳 ¥1680 です。
やはり、御膳の小鉢がつきます。
大根おろし、小豆、きなこ、海苔の素材の良さと餅がベストマッチの美味しさです。


目の前で豆乳から作る豆腐 ¥420 です。
コンロの固形燃料が消えたら出来上がりということでしたが、今の時期のせいか、もう少し加熱する必要があったようです。
固まりかけた豆乳という感じで出来上がってしまいました。(汗;)
それでも、味は悪くありませんでした。

食事を終え、休憩処に移動しました。

休憩所からの眺望です。
静かで景色もよく、落ち着いたひと時が過ごせ、食事も申し分のない、とてもいい日帰り温泉処でした。

しかし、残念なことに、そのような静かで落ち着いたひと時をぶち壊してくれたのが、ある 1 組の 50 代後半から 60 代のカップルです。
2 人とも休憩処で大声、と言ってもあれが地声なんでしょうけど…、でずっと話し続けていて、ウルサイのなんのって、せっかくのいい雰囲気が台無しです。(怒)
ただ、小声で話せというのは難しいと思われるような 2 人でした。(苦笑)

2009-11-20 22:10:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

久々に Infoseek ラッキー BINGO が揃いました。

今回は珍しく、あいている番号が少ない中での当選です。


さて、どれを選ぶか!
エイっと、A を選択です。
さて、結果は…。


最小ポイントの 50 ポイントでした。(T.T)

とはいっても、Infoseek のポイントは楽天ポイントですから、楽天ブックスで『阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝』を購入する際に使用できますので、ラッキーではあります。\(^o^)/

2009-10-25 23:18:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

2ヶ月ほど前に新宿駅東口のルミネエスト8Fで食事をする所を物色中に見つけたのが『GUMBO & OYSTER BAR』(ルミネエスト新宿店)です。

その時はランチを食べたのですが、牡蠣食べ放題メニューがあると知り、そのうち注文しようと思っていました。
2日前予約ということで、なかなか行くタイミングがなかったのですが、先週の木曜日に「とにかく予定を空けて行くのだ!」と決心し、土曜日の状況を尋ねてみると、15時からでないと席が空いていないとのことでした。
そこで本日の11時45分からということで予約を入れておきました。

11時45分ピッタリに来店し、いよいよ牡蠣食べ放題のスタートです。
今の時期は、「北海道と三陸の牡蠣食べ放題」90分3,980円です。

最初に出てきたのが、北海道と三陸それぞれの生牡蠣が4ピースずつです。
この時点で「お~!」「すげ~!」と感動です。
正直なところ、それほど舌が肥えている訳ではありませんので、北海道と三陸の違いはわかりません。(汗;;)


次にやってきたのは素焼きの牡蠣が4ピースです。
これまた、「うまい!」としか表現できません。


次はカキフライです。
これも大ぶりの牡蠣をフライにしていて絶品です。
ただ、本日は食べ放題です。
やはり、フライ系は控えることにします。(笑)

この3つの料理が食べ放題メニューになります。
このあと、生牡蠣と素焼きをそれぞれ追加し、一人あたり20ピースの牡蠣をいただきました。vv
60分でオーダーストップとなるのですが、その頃にはすでに満腹状態になっていました。

牡蠣だけでは物足りないので、別注文でガーリックトーストを頼んでみました。
カリカリとしたタイプではなく、また、ガーリックよりもアンチョビ?の味を強く感じ、ちょっと想像していたのと違いました。
個人的には、普通のガーリックトーストの方が好みでした。

ドリンクとガーリックトーストを別に注文し、これだけの新鮮な牡蠣を二人で40ピース食べて、9,000円強です。
大大満足な食事をさせていただきました。

2009-10-12 19:03:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する

21.温泉

スポーツクラブのセントラルスポーツが運営している小田急千歳船橋にある『THE SPA 成城』へと行ってきました。

小田急千歳船橋駅へは、家からはバスで1本、約20分程で到着します。
ポストに投函されていたチラシによると、TSUTAYA前から無料送迎バスが出ているとのことです。
まずは、千歳船橋駅に行ってみました。
……TSUTAYAってどこ???

チラシもゴチャゴチャしていて何を伝えたいのかよく分からないようなレイアウトだったのですが、もしかして来て欲しくない?(笑)

千歳船橋駅の改札から、小田原方面右側の線路沿いの小さな道を歩いて行くと、ちょっと道路に出てTSUTAYAを発見しました。
なんだ、家からのバスを降りてすぐの小田急のガードをくぐったところじゃん。(汗)

既に1時間に1本の無料送迎バスが停まっています。
無料送迎バスに5分程乗り、セントラルスポーツクラブの建物の側に到着です。
ここでも、『THE SPA 成城』ってどこから入るの?状態です。
ビルに入って右横のエレベータに乗り2Fへ行くと受付でした。

靴を100円(帰りに戻ってきます)ロッカーに預け、受付カウンター横の自動券売機で入館用のチケットを買います。
今回は、もっともお得そうな『平日限定お食事お得パック』(1,680円)にしました。
入館料(1,260円)に館内着レンタル(210円)、それに食事がついての料金です。

入館手続きを済ませた後、お昼を過ぎていましたので、まずは食事をすることにしました。

パックの食事ということであまり期待していなかったのですが、これが予想に反してなかなか美味しい料理でした。
メニューを見たところ、結構リーズナブルで美味しそうな料理が並んでいます。
評価ポイントがかなりアップしました。

さて、温泉です。
お湯はやはりこの辺りの天然温泉らしく濃い茶色のアルカリ泉です。
ただかなり濃く、黒といってもいいような感じです。
また、アルカリ泉ですのでつるつる感があります。

露天風呂は、まぁ、露天になっています程度で面白みや特に工夫があるわけでもありません。
全体的に若干熱めの湯温に調整されているようです。

サウナはかなり熱く、数分で出てしまいました。(汗)

湯上りは、休憩処で一休みです。
平日ということと5時間制限ということで、リクライニングチェアもすぐに利用できました。

再度、お風呂に入った後、先ほどの食事処 ENAK で

アイス柚子ティー(180円)、ところてん(350円)、クリームあんみつ(450円)をいただきました。

出る前に、足湯で一休みしました。
残念なのは喫煙所がそばにあり、煙草の煙がときどきやってきたことです。

最初はあまり期待せずに行ったのですが、全般的になかなか良い感じの日帰り温泉施設でした。
平日以外の混み具合が気になるところではありますが、ここは今後も利用することになるでしょう。

2009-08-25 21:28:00 投稿者:ねこまじん コメントはありません - 追加する Trackbackはありません - 追加する
ページ移動  [前へ|1|2|3|4|5|6|7| ... |33|34|35|36|37|次へ]  Page 6 of 37
トレンドマイクロ・オンラインショップ 話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

コロプラ
(第932501コロニー)

コロプラ・コロニー
サンワダイレクト

ねこと温泉、そして阪神タイガースをこよなく愛し
本田美奈子の声に魅了されているおじさんのブログ